転職で生き残る手段とは

 一生を左右するものとして考えられていた就職。一度入った会社に骨をうずめることが美徳であり、恩を返す等とも考えられてきましたし、独立しても関係性を保つことも普通に行われてきました。そんな時代がだんだん変化し、転職やヘッドハンティングなんて言葉もだんだん当たり前になり、また会社側からのリストラや、肩たたきなどの言葉も聴かれるようになりました。これはグローバル化や、外国資本との提携やM&Aによるトップの総入れ替えなんてことが行われるようになったことなどが原因とされていますが、実際はいろんな場面で便利になり、機械化されたこと、労働の資本である製造の場面で海外工場への移転、進出等人的絶対数が必要でなくなったことも原因の一つではないかと考えています。

 

 そんな中、より優位な転職や、将来のために条件のいいところに転職したいと考えるのは当たり前ですし、会社側もより優秀な人材、即戦力を求める傾向にあり転職と言えども全くの新しい分野に進出することが難しくなったような気がします。スキルをあげることが転職の材料なら、転職を考える前からすでに準備をすることがこの時代を生き残る手段なのかもしれません。